子供のチック症を薬を使わずに治す方法!

cks1

 

チック症は、大きく分けて次の2つにわかれます。

icon-finger1-r運動チック
まばたきを繰り返す、目を動かす、顔をしかめる、首を振るなど、多くは首から上の動作として症状が出ることが多いです。ときには手足の動きや、ジャンプ、スキップなどのに見える発作もあります。

icon-finger1-r音声チック
咳払いや「あー」「うん」など、短い言葉を異常に繰り返すチック症です。

 

チック症は子供だけのものじゃない?

チック症は6歳前後の子供に多く出現するのですが、大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。10歳を過ぎれば徐々に減少することがほとんどですが、中には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症ももちろんあります。

チック症の治療法は?

チック症を改善させるには、本人が症状にとらわれすぎないよう不安感をとりのぞくことが大事です。また、治療は生活指導と薬物治療が中心となります。しかし、できれば薬に頼ることなく改善させてあげたいと思うのが親心です。いくら安全な薬物とはいえ、何かしらの副作用があるかもわからないですし、薬に依存してしまうのも良くありません。

 

しかし、ごく最近ではこういった薬物を使わない画期的なチック症改善プログラムがあります。
なんと毎日6分間のトレーニングでチックを改善できるそうです!
fhxff
 チック症改善プログラムの詳細はこちら

 

コメントを残す